マジシャンオイルコラム「事前準備」

皆さんこんにちは!マジシャンのオイルです。

僕は静岡県を中心に結婚式や各種パーティーなどの出張ショーをメインに、
企業向けセミナーやマジック指導など、
手品に関わるいろいろなことを仕事にしているプロマジシャンです。

このコラムでは、日々のお仕事や家庭でのコミュニケーションを円滑にするための
ちょっとしたヒントやテクニックを、
僕の普段のパフォーマンスで経験したエッセンスを交えながら皆さんにお届けしていこうと思っています。

さて、さっそくですが、
皆さんは仕事でプレゼンや接客をするときに、どのくらいの準備をして本番に臨んでいますか?
また、どんな準備をしていますか?
僕たちマジシャンも、ショーのクオリティーを上げる(保つ)ために
たくさんの練習や準備をしています。
それは本番のアクシデントにも柔軟に対応するためです。
マジック自体の練習はもちろんですが、

「会場が急に停電になったら?」
「マイクの電池が途中で切れたら?」
「酔っ払いがステージに上がってきたら?」

このようなシチュエーションにどう対処するか。
このようなアイデアもマジシャンたちは日々考えているのです。
ということで、第5回目は「事前準備」の方法についてご紹介していきます。
(今回も世界で有名なマジシャンであるスティーブ・コーエンの著書を参考にしています)

①あらゆるシチュエーションを想定して作戦を練る
大事なのは準備を怠らないということ。
例えばあなたが面接を受ける場合、質問に対する答えをひとつしか用意していなければ、
最悪の結果を招きかねません。
面接の流れを自分の思いのままにすることはできなくても、
面接官に会う前に「自分の伝えたいメッセージ」(コア・メッセージ)をまとめておいて、
あらゆる展開を予測し作戦を練っておくことは可能なはずです。
巧妙な質問に立ち往生したら、用意しておいたコア・メッセージのひとつに結びつけるように答えると良いです。
そうすれば、うろたえているようには決して見えないはずです。
逆に、絶対やってはいけないのが、動揺のあまり自分の主張を曲げてしまうことです。

また、販売や接客業の方も、お客さんに何かをすすめるたびに、
何を言われるか、どう対処するかと即興で考えを巡らせていると思います。
お客さんが口にする主な答えは4つだけと言われています。
「はい」
「いいえ」
「たぶん」
「カムフラージュ」(○○に相談しなくちゃ、のようなもの)

どの答えにも対応できるよう、十分に準備しておくことが大切です。
たとえ答えが「いいえ」でも、それを可能性のひとつとして考えておけば、動揺することもありません。
また、突飛な答えが返ってきてその場で対応できなくても、
今後そのパターンに順応するセリフを考えておけば良いのです。
ピンチは今後のチャンスです。

僕もとある企業さまのパーティーのマジックショーで、マイクの音が入らないというアクシデントが起こりました。
当時は為す術なく、マイクが戻るまでの約5分間ただ呆然と立ち尽くしていたことがありました
(今では良い思い出ですが笑)。
今ではこの問題も克服し、次に同じシチュエーションになっても対処できる答えを見つけ出しました
(皆さんだったらどうしますか?)。

②手帳を活用する
著者のスティーブ・コーエンの経験によると、たとえば会議の直前にでも、
最も起こりそうな結果をいくつか手帳に書き込んでおくと自分の考えを整理することができます。
こんな簡単な準備でもかなり役立つのです。
これは、2通りの意味であなたの力になってくれます。
ひとつは自分の主張したい要点を明確にできること。
もうひとつは会議の最中に突然頭が真っ白になっても手帳を見れば記憶が呼び戻せることです。
気軽に始められるのでぜひご活用ください!

このように、あらゆる展開を予想し事前に準備をすることで、多くのアクシデントにも柔軟に対応することができます。
また、予期せぬことが起きたときは自分の答えのパターンを増やすチャンスだと思って前向きに取り組んでみてください。
いつか「用意しておいて助かった」と思える日がきっと訪れるはずです。

ではまた!

オイル

  • いいね! (0)

関連記事

  1. カラコロ健康ラボ

    カラコロコラム【体を反らしたときの腰痛はこの筋肉が原因!】

  2. 「いまの自分、これからの自分」

  3. キレイになる街 富士宮プロジェクト

    キレイになる街 富士宮プロジェクト F-FACTORYフィットネススタジオ前編

  4. 「すっぱみかんストーリー本気の取り組み」

  5. リンクタウン レポーター

    キレイになる街 富士宮プロジェクト

  6. マジシャン オイルのコラム『第一印象について』